国産・完全無農薬栽培ダマスクローズは、こんなふうに育てられます。

国産で完全無農薬栽培されたダマスクローズ

Herbnoteの商品に使用されているローズ水は、鹿児島県鹿屋市にあるJAS認定のオーガニック農園「ダマスクの風」で育てられています。ダマスクローズ有機無農薬栽培をしているのは、日本ではここだけ(※2013年9月現在)。

ダマスクローズが開花するのは1年にたった1度の限られた時期だけ!しかも、種を植えてから美しいダマスクローズが育つのに、なんと2年以上もかかるんです!そのダマスクローズから得られるローズ水の雫は、まさに液体の宝石。とっても貴重なものなんです。

ダマスクローズのつぼみ

11月頃 ダマスクローズの栽培には「接ぎ木」という手法を用います。異なる植物の切断面を接着して1つの個体にするのですが、土台となる方の植物として「野バラ」を用います。 秋、11月頃に「野バラ」の種を収穫します。門倉園長が手に持っているのがその種。可愛らしいですね。

野バラの種をまく

2月頃 農園に併設されているビニールハウスで「野バラ」の種をまいて育てます。 5月頃 可愛らしい苗に。 12月頃 すくすくとボールペンぐらいの高さに育ちます。

野バラとダマスクローズの接ぎ木

12月中旬~1月いっぱい いよいよ「野バラ」と「ダマスクローズ」の接ぎ木です。枝が休眠に入っている時なので、寒いところで接ぎ木をしなければならず、とても大変な作業です。 1万4千本を接ぎ木した時は、40日間かかったそう。

rosewaterimage04 rosewaterimage05

5月初め 接ぎ木したものを畑にうつします。両脇にはバラの肥料となってくれるハーブが一緒に植えられます。株元に日光をあててあげないといけないので、草がはえないように2~3日おきに見まわる草管理がとても大事です。除草する雑草はごく一部のみ。雑草も土を豊かにしてくれるからです。

国産無農薬栽培オーガニックダマスクローズ

「小さい虫、大きい虫、蜂、鳥。生態系を壊したらダメ。雑草も必要なものばかり。」門倉園長がこだわるのは「自然農法」。バラは病気や害虫に弱く栽培が難しい植物。人と環境に優しい天然素材から作った防虫剤を使用し、無肥料・無農薬で美しいダマスクローズが手間ひまと愛情をいっぱいかけられて育ちます。

髪のハリ・コシでお悩みのあなたへ。国産・無農薬ダマスクローズのオーガニックシャンプー「エッセージュ ローズシャンプー」

ESSAGE エッセージュ ダマスクローズヘアケアシリーズ髪のハリ・コシを手軽にケア!いやしのバラの香りで若々しく エッセージュ ローズシャンプーまずは実感してください!はじめての方限定 エッセージュ シャンプーおためしボトル日中も潤いとツヤをキープ バラの香りを髪にまとってお出かけ エッセージュ アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)プシュッと気持ちいい!頭皮ケア導入でもっと若さを エッセージュ スキャルプローション日常にいつもダマスクローズの潤いを エッセージュ ミストシャワー現品サイズより少しお得!エッセージュローズシャンプー 詰め替えパック

\ 新製品です!/
洗顔後&お風呂あがり3分間のための美肌ジェル!コラーゲン・ヒアルロン酸・ 国産無農薬バラ水配合 エッセージュ エフ

Herbnoteに
質問する»